プログラミング的思考養成 ScratchBase

小・中学生の本格的プログラミング教室

スクラッチベース
学年 小3〜中3
内容 Scratchによる
プログラミング
体験 体験レッスンあり
(90分間x1回)

学習ソフトScratch(スクラッチ)を使って学びます。

Scratch (スクラッチ) とはマウスと簡単なキー操作だけで楽しくプログラミングについて学ぶことができるオンラインソフトです。最初に正しい構文の書き方を覚えること無く結果を得られるので、初心者がプログラミングを学び始めるのに最適な環境が整っています。MITメディアラボが開発し、世界中の子どもから大人までたくさんの人々が、ゲームなどの製作を楽しんでいます。Scratchを使う時、子どもたちは自身のインタラクティブな物語、アニメーション、そしてゲームをコーディングすることができます。 その過程で、彼らはクリエイティブに考え、体系的に考え、皆んなで共同作業することを学びます。—それは今日の社会のすべての人に欠くことのできないスキルです。

このようなゲームを作ります

ScratchBaseのレッスンは1回90分(月2回)です。1ターム(3ヶ月・6回)で1つのゲームを完成させます
下のゲームは、コーチがお手本として作ったゲームです。大枠は作成済みですが、ボスキャラの登場・各種アイテムの設定など、未完成な部分も残してあります。子どもたちは、毎回のレッスンでお手本を参考にしながら模写したり、オリジナルの改造を加えたりしてゲームを完成させます。その過程で、様々なプログラミング的思考を身につけます。

お手本プログラム例


▲このプログラムは2018年1月スタート(通算第3期)に制作するゲームです。

お手本プログラム搭載機能例

スタートボタン(クリック時効果音&点滅)
プレイヤー(マウスとの距離による滑らか移動)
ボール(乱数による軌道ばらつき)
敵キャラ(乱数による発生場所・軌道ばらつき)
場面転換(上下左右キーによる滑らか移動)
ゲームオーバー(効果音)
ゲームオーバー(効果音)
オリジナルマップ(Illustrator)

レッスン計画例

全6回のレッスンは以下の流れで進めます。
第1回:プログラム内容説明・模写1
第2回:模写2・改造(パワー回復アイテム)
第3回:改造(ボスキャラ登場)
第4回:改造(自由改造)
第5回:改造(自由改造)・発表資料制作
第6回:発表会

最初はお手本を見ながら写します

コーチが作ったお手本プログラムを見ながら、自分のプログラムを制作します。写しながら、プログラムの意味を一つずつ理解していきます。

▲マウスとキーボード(変数名入力)でプログラムを仕上げます。

自分のパソコンでレッスンを受けます

Scratchは、Windowsでもmacでも利用できます。子どもたちは、毎回自宅からノートパソコンを持参します。使い慣れたパソコンで作業できること、自宅に戻ってからも同じ環境でスグに作業を再開できることなどから、持参をお願いしています。Scratchは非常に軽いソフトですので、高スペックなパソコンは必要ありません。ScratchBase入会をきっかけに新しいパソコンを購入される場合はスタッフまでご相談ください。オススメのパソコンを案内いたします。

変数は全て英語表記

ScratchBaseのお手本教材は、変数などをあえて英語表記にしています。例えば、MIGI(右)はRIGHT(ライト)と表記するなどです。プログラミングの制作を通じて、自然に英単語も覚えられるように工夫しています。

プログラムで使われている英単語例

BALL ボール
MOVE 動く
POWER パワー
FRONT
REAR
RIGHT
LEFT
START スタート・開始
STOP ストップ・停止
GAME ゲーム
GAME OVER ゲームオーバー
CLEAR クリアー
PLAYER プレイヤー
ENEMY
BOSS ボス
SOUND
SELECT 選択
STAGE ステージ・場面

ご入会を検討中の方へ

まずは、体験会にご参加ください。

ScratchBaseにご入会を検討中の方は、まず体験会にご参加ください。ScratchBaseでのレッスンを実際に体験できます。ScratchBaseの体験会は、初めての方のみが参加します(RobotBaseは、正会員が受講するレッスンに実際に参加します。)。初めての方には「Scratchとは?」「パソコンの起動方法は?」など、初歩的な説明が必要ですので、体験専用枠を確保して実施します。「今通っている正会員の子たちはどんな様子?」など、正会員向けレッスンの見学もご希望の際はスタッフにお申し付けください。見学日程も調整いたします。


体験会の日程・費用・持ち物など

対象学年 小学3年生〜中学3年生
体験時間 90分間(準備・片付け・説明などを含みます)
実施日時 ご希望に合わせて個別に設定します。
平日15:00-21:30/土日祝日9:00-19:00
参加 お子さま本人と保護者の方も一緒にご参加ください。
費用 1,500円(税別)
申し込み こちらのご予約フォームからお申し込みください。
持ち物 パソコン(ノート型・タブレット不可)、飲み物など必要なもの

お申し込み受付後、smapenスタッフより折り返し連絡いたします。日程の調整や、当日のレベル設定などについてのお打ち合わせをさせていただきます。また、入会決定後にパソコンを購入予定の方には貸出機を用意しております。申し込みフォーム内の「貸出機希望」にチェックをお願いいたします。

よくある質問

パソコンは初めてですが大丈夫ですか?
大丈夫です。パソコンに触れるのが初めてのお子さまでも。コーチが丁寧に指導します。
難しそうですが、理解できますか?
小学校高学年の子どもたちが理解できるように調整しています。中学生でも十分に楽しめる内容になっています。小学校低学年のお子さまにとっては、難しく感じることがあるかもしれません。小学校低学年のお子さまにはRobotBase(ロボット教室)から初めて、十分理解できるようになってからScratchBase(プログラミング)に移行する方法や、毎回のレッスンに保護者の方と一緒に参加していただく方法などを提案しています。体験レッスンは初歩的な内容で行いますので、理解できそうかどうか、体験レッスンでお確かめください。
定員は何名ですか?
コーチ1名につき8名です。机間巡視しながら一人ずつ丁寧に指導できます。一緒に学ぶ仲間と相談したり、協力したりしてゲームを完成させます。
コーチはどんな人ですか?
smapen代表の清水と、理系のアルバイトスタッフ(smapen OBの大学生・大学院生)が指導します。理系のコーチが教えますので、「こんな改造をしてみたい」というリクエストに豊富な知識で答えられます。アルバイトスタッフは自分自身がsmapenに通い、高校受験・大学受験をした大学生が中心です。smapenの明るく、楽しく、優しい雰囲気をきちんと理解している安心して受講できるスタッフです。
欠席した時は振替できますか?
できます。24時間受付可能な予約システムで、ご自宅のパソコンやスマホから予約の確認・変更ができます。予約は開始1分前までできます。欠席の場合は、100%振替可能です。忙しい小学生が、安心して楽しく続けられる仕組みが整っています。

その他、smapenに関するよくある質問はこちらをご覧ください。

開講スケジュール・費用など

ScratchBaseの開講曜日と時間は以下の通りです。

曜日 時間
毎月第1・3週 月曜 17:00-18:30
土曜 13:00-14:35
17:00-18:30
日曜 13:00-14:35
17:00-18:30

※開講時間帯は2018年度から変更になる場合があります。